株初心者のために証券会社の口座開設法からデイトレード、スイングトレード投資法を伝授します。

株初心者デイトレードスイングトレード投資法 > > 4680 ラウンドワン(東証一部)

4680 ラウンドワン(東証一部)

初めての方も今まで見てくれている方もこんにちは!ハッチャンです!

パチプロでもあり、ネットで多数のサイトを運営しているハッチャンです。

パチプロであるハッチャンの運営しているパチンコ攻略ブログやゲームセンターのメダルゲームを13年間もプレイしているハッチャンの運営するメダルゲーム攻略実験室にも興味がある方はぜひお越し下さい。


基本は、パチンコ中心のハッチャンですが、やはりこの株価が下がった今の状態では、株のほうに力をシフトしていかなければいけないと考えています。


そこで、今回から新しいコンテンツを始めます。

上場企業のサービスを利用して、サービス力を同業他社と比較し、将来性を考えていこうという企画です。

同業他社との比較以外に、その業種のこれからの市場規模の推移なども見ていき、売上から利益まで考えて、投資先として適切かどうかを考えていきます。


第1回目はアミューズメント施設「ラウンドワン」を運営する「4680 ラウンドワン」です。

カラオケ・ボウリング・アミューズメント・スポッチャを主力のサービスとして、フード商品にも力を入れています。

同業他社が比較的少なく、スキマ産業として注目し、ここ5年間で急拡大をしてきた会社です。

急拡大した会社は、牙城が崩れるときも脆い!というのがハッチャンの持論ですが、これにピタリと当てはまるのがこの会社ですね。

早速サービスを利用した感想をお話します。


まず、カラオケです。

カラオケのルーム料金は、同業の「4837シダックス」と比較しても決して割安感はありません。むしろ夜の時間帯はシダックスよりも高くなっています。

そして、ラウンドワンのカラオケの注目ポイントは、特別なシステムです。

カラオケをするために、ルームを借りるのに、ルーム利用料として、カラオケ料金とは別に、フード商品を1品注文しなければいけません。

さらに、夜20時以降は、1人1品注文しなければいけないシステムになっています。

つまり、6人で22時に1ルームを借りた場合、お腹が空いていなくても、6品注文しなければいけません。

これは、非常に不便で、ご飯に食べに来たのではなく、純粋にカラオケを楽しみに来た客を追い払うことになり、大きな機会損失になっています。

さらに、受付時の説明も不十分で、ラウンドワン自体に不信感を抱いてしまうサービスになってしまっています。

そのためか、近隣のシダックスを含めたカラオケ店と比較し、客が少なく、特に学生の客が大幅に少なくなっています。


ルーム自体は、マッサージルームやスタジオ形式のルームなど特別感を演出出来ているので、その点は、同業他社よりも勝っていると言えます。

続いては、ボウリングについてです。


ボウリングは、同業他社と比較してとにかく高いです。平均で2〜3割程度高くなっています。

ボウリングは、同業他社が個人経営しているようなところが多く、OLの女性などは行きづらい部分がありますが、その点ラウンドワンは、女性のOLの方もかなり集客出来ていると言えます。

OLの方を集客出来ている理由として、レーンや演出がとても綺麗で、他の個人ボウリング店よりも快適な空間となっており、特別感を演出出来ているためだと言えます。

しかし、価格面がネックとなり、カラオケ同様に学生が大幅に少なくなっています。


続いて、スポッチャです。

まず、スポッチャとは何なのか説明しないと分からない方も多いかと思います。

スポッチャとは、フットサルやテニス、バドミントン、にバスケットボールなどのスポーツをもちろん、ビリヤードや最近人気が上がってきているダーツなどが遊べます。その中でも特にバッティングコーナーがとても人気が高いです。

昔であれば、普通に公園で出来たスポーツは、今はやる場所がなく、それを提供する場所ということですね。

照明がしっかりしているので、真夜中でも楽しめるというのが最大のメリットです。


このサービスは、器具の準備や場所の確保、さらに照明の問題等から、同業他社が参入しづらく、ラウンドワンの一人勝ちと言える状況になっています。

同業他社を1社しか調査しておらず、価格の比較がなかなか難しいのですが、市区町村の体育館等のサービスから比較しても、やはりかなり強気な価格設定になっています。

今後、ライバルが増えてくると、厳しい価格競争になりますが、2〜3年程度はライバルに逆転されるということはまずないでしょう。

それぐらいサービスは安定しており、真似が難しいです。

今後、ラウンドワンの収益の柱となっていくのは、間違いないでしょう。


最後にアミューズメントです。

アミューズメントは、メダルゲームやUFOキャッチャーを中心としたゲームコーナーです。

ここは、ハッチャンの最も専門分野です。

同業のゲームセンター約200社との比較になりますが、メダルの価格は比較的割安になっています。

強気の価格設定をするラウンドワンにしては珍しいです。

そのため、近隣店舗のゲームセンターもメダルの価格を下げさせられています。

ただし、台の設定は非常に悪く、メダルは安く買えても、全然増やす楽しみやドキドキする楽しみを味わえなくなっています。

これでは、楽しみにゲームに来ているのに、何しに来ているか分からなくなりますね。

そして、何と言ってもスタッフが極端に少なく、ほとんどアルバイトという点がポイントです。

メダルゲームの調整やエラーが出たときの解除方法は、結構難易度が高く、入ったばかりのアルバイトに扱えるものではありません。

そのため、客を待たせ、イライラさせる場面も1日に多数見かけられます。

それでも、施設が他のゲームセンターと比較して、非常に綺麗で入りやすいことがあり、女性のお客さんが4割程度いらっしゃいます。

普通のゲームセンターであれば、女性のお客さんは1割弱なので、これはかなり凄いことだと言えます。

4つのサービスを同業他社との比較から調べていきましたが、まとめますと
・価格が同業他社よりもかなり割高
・快適な空間で、特別感を演出し、女性客をガッチリ確保
・スポッチャは、ライバルが参入しづらく、今後独壇場になる可能性大!
・全体的にアルバイト中心で、技術者不足。店員の対応レベルは非常に低い。


以上のような感じになりますね。

スポッチャを主力に今後もさらなる拡大を狙っていく予定ですが、正社員の数の少なさ、従業員の対応力の低さから、不安もかなり抱えています。

さらに、カラオケのシステムの問題から、行政指導が入る可能性も秘めており、スキャンダルが起きる可能性も秘めています。

現段階で、ある程度ブランディングは出来ていますが、こういう業界ではスキャンダルによる信用失墜が業績悪化、株価下落の大きな要因になるので、そのリスクを踏まえておく必要があります。


総合的に見て、スポッチャの将来性を加味して、現在の下落した株価なら拾って行きたいです。

3年後ならスポッチャが期待出来ることから3年程度を投資目安に中長期で保有したいですね。