株初心者のために証券会社の口座開設法からデイトレード、スイングトレード投資法を伝授します。

株初心者デイトレードスイングトレード投資法 > > 調整一服感、年初来高値さらに更新か(7月2日〜7月6日)

調整一服感、年初来高値さらに更新か(7月2日〜7月6日)

みなさんこんにちは!

今週は一旦調整したものの週末に戻す展開となり、値幅が大きく比較的デイトレでも取り易かったのではないでしょうか。

そこまで値動きが荒い相場でもないのですが、先週がデイトレには全く取れない相場だったので、ちょっと改善しただけで物凄くよく見えてしまいます。

話は変わりますが、四季報の最新版を買われた方も多いのではないでしょうか。

主な大幅増額企業は、NEC、日興コーディアル、三菱UFJ証券、住友金属鉱業、ソニー、任天堂といったところです。

しかし、今あげた企業のほとんどが株価に折込み済みなので、大きなサプライズではありません。

投資の一つの判断として、上方修正を狙うという手段があります。上方修正が発表されると株価は大きく動きます。特に時価総額が小さくなれば、なるほど激しく動きます。

なので、上方修正されそうな企業の株を四季報を見ながら、先回りして買うのも有効な手段です。

よく四季報に書かれているなら、すでに織り込んであるよ。という人がいます。

しかし、実際には折り込んでいない企業が数多くあります。去年の年末からの造船株の上昇のようにです。

特に乾汽船なんてPER10倍切ってほったらかしでした。しかし、上方修正されると一気に動きました。

こういうこともあるのが株です。

常に新しい投資法を考えましょう。

すみません。話が大きくそれましたね。

文字数も多くなってきたので、来週の予想レンジです。
17,800円〜18,500円

来週は年初来高値を更新するのではないかと思っています。

先週末のNY市場が午後に急落したのがネックですが、先週末の日経平均もほぼ高値引けとなっていることに加え、一旦調整したことによって、さらに買い意欲が増したように思います。しかし、新興銘柄が揃って上昇できるかと聞かれると非常に疑問です。なので、やはり大型株のスイングトレードを買いスタンスで行いたいと思います。